さっぽろ天神山アートスタジオ アーティスト・イン・レジデンスプログラム

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:なし
  • 制作費助成:あり
  • 滞在費助成:あり
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:なし
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:なし

おもな対象分野:演劇、音楽、絵画、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッション、ダンス、文芸

招へい期間:2017/01 - 2017/03

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:2016/10 - 2016/11

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

演劇、音楽、絵画、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッション、ダンス、文芸

招へい期間/募集期間
(2016年国際公募プログラムの場合)
招へい期間:2017年1月14日~2017年3月14日
プログラム期間:2017年1月20日~2月28日(この期間は滞在必須)
募集期間:2016年10月末~2016年11月18日
招へい人数
3名
おもな受入条件
●年齢制限:18歳以上
●受入対象国指定:なし
その他:2016年度の国際公募プログラムでは、「冬・雪・北方圏」の3つのキーワードを軸にしたそれぞれのアイデアを、滞在制作を通して深めることを条件としている。このプログラムは、アーティストたちの冬場の制作環境の創出と、滞在アーティストのワークショップや成果発表を通じて、地域コミュニティの実験的な冬の創造体験にもつながることを期待している。
○広く美術、写真、映像、デザインの対象分野での活動歴があること(学生不可)
○滞在目的を理解し、滞在の成果を報告できること(成果報告の形式については相談の上決定)
○市民交流プログラム等の館内行事がある場合は積極的に参加すること
○制作、展示・撤去を自分で行うこと
○一人で滞在中の生活を支障なく行えること
○その他、施設の利用規約を守ること
○オープニング・イベント、成果報告となるイベントのいずれも参加できること
○ほかのアーティストと英語でコミュニケーションができること
支援内容
●渡航費助成:なし
●制作費助成:あり(25万円)
●滞在費助成:あり
*滞在スタジオを提供
*国際公募プログラムの場合、滞在スタジオ使用料、暖房費は無料、制作補助金(25万円)を支給
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*特記事項(言語、専門分野)など:英語
●成果発表:あり(国際公募プログラムの場合のみ)
●活動記録集の作成・配布:なし
●広報協力、地元芸術機関との交流
●さっぽろ天神山アートスタジオが制作した活動記録(写真・動画)データの提供
応募方法
公募
選考方法
2016年度の国際公募は書類選考により、下記3名とさっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクターが審査を行なう。
選考委員:島袋道浩(美術家)、四方幸子(キュレーター)、朴炫貞 (パク・ヒョンジョン/アーティスト、北海道大学CoSTEP特任助教)、小田井真美(さっぽろ天神山アートスタジオAIRプログラムディレクター)

施設情報

事業名
さっぽろ天神山アートスタジオ アーティスト・イン・レジデンスプログラム
運営組織名
一般社団法人AISプランニング
運営母体/担当部署
さっぽろ天神山アートスタジオ(札幌市市民文化局国際芸術祭担当部)
協力機関/協力者
北海道大学創成研究機構研究支援室
施設名
さっぽろ天神山アートスタジオ
施設所在地
〒062-0932 北海道札幌市豊平区平岸2条17丁目1-80(天神山緑地内)
施設設備概要
天神山緑地内の自然豊かで静かな環境、13室の滞在スタジオのほか、展示スペース、市民も利用可能な交流スタジオ(有料)の貸出を行っています。緑地公園の無料休憩所としても解放しているのが特徴。1階吹き抜けのロビー空間は、誰でも気軽に立ち寄ることができる公共空間で、交流イベントや滞在作家の成果発表、公開制作などを通して、滞在作家と市民の対話が日常的に生まれる環境が作られている。
●制作スタジオ:あり
交流スタジオA×1[72㎡]
交流スタジオB×1[71㎡]
交流スタジオC×1[60㎡]
滞在スタジオA×6[19㎡]
滞在スタジオB×6[53㎡]
滞在スタジオC×1[73㎡]
○交流スタジオ:原則どなたでも作品制作活動、会議、研修会などに使用可。
○滞在スタジオ:24時間使用できる滞在型制作・調査活動のスタジオ、拠点として使用可能。基本的にはプロ、アマチュアを問わず、美術、音楽、工芸、演劇、ダンス、文芸、写真、映像、デザインなどの分野で活動をしている市内、国内外のアーティストや研究者が対象。
●展示スペース:あり
滞在アーティスト等の作品展示や成果発表、活動報告を行う。貸しスペースではありません。
●宿泊施設:なし
●その他:無料で使えるトイレ、交流サロンや談話スペースがあり、アートをはじめ札幌、北海道に関する資料、書籍を自由に閲覧可能。子供が遊べるスペースもあり、天神山緑地内を散歩する地域住民の休憩所、憩いの場としても使用されている。
周辺環境
札幌の中心部から地下鉄と徒歩で約30分。標高85mの天神山(天神山緑地内)の頂上に立地しており、スタジオ内は街の喧騒も届かない静かな環境で、最寄りのコンビニエンスストア、地下鉄駅と商店街までは徒歩10分〜15分圏内。
交通アクセス
●地下鉄
○札幌市営地下鉄南北線:「澄川駅」西出口または北出口より徒歩11分/「南平岸駅」西出口より徒歩14分
●バス
○じょうてつバス[環56]:「平岸1条16丁目」下車、徒歩8分
●飛行機
○新千歳空港から空港連絡バス「円山バスターミナル行き」に乗車し、「地下鉄澄川駅前」にて下車、施設まで徒歩11分。(計約70分)
○新千歳空港からJRに乗車し「札幌駅」にて下車、地下鉄南北線「さっぽろ駅」より乗車し「澄川駅」にて下車、施設まで徒歩11分。(計約70分)
*施設専用の駐車場はありません。
事業開始の経緯
さっぽろ天神山アートスタジオは、数年に渡り閉鎖されていた旧札幌天神山国際ハウス(中長期滞在型の宿泊施設)を別の用途に再利用した施設。「アーティストなどが滞在しながら創造的活動を行い、市民がアーティストなどの発想やプロセス、表現に触れ、市民の創造性が育まれる場を設置する。そして、その創造性に富む市民の力が文化や産業などの様々な分野で展開されていくことを目指す。」とする施設設置の主旨を掲げ、2014年夏に開催された札幌国際芸術祭に併せて開館した。再利用にあたり、もともとの宿泊施設の機能を活かし、アーティストなどの滞在制作のためのスタジオ、そして市民などどなたでも利用できる多目的スタジオ、公園利用者の休憩利用、来訪者が勉強や読書など自由な時間を過ごすために使えるパブリックエリアを整備し、異文化、異なる活動同士の交流をねらいながら利用者の自律的な活動を支援するユニークな芸術文化施設として運営を開始した。
事業開始年
2014年
事業目的
(1)アーティストなどが滞在しながら創作活動を行える機能
(2)アーティストなどと市民が、創作活動やそれに係わるリサーチ活動、またはワークショップなどで交流を行える機能
(3)札幌国際芸術祭や市内での展示等、市民が作品に触れる機会をつくる機能という「施設の機能と目指す効果」を果たすために、セルフファンディング型(1)と公募招聘型(2)のアーティスト・イン・レジデンス事業運営を行い、多様な分野で活動するアーティストなどを広く迎え入れ、市民活動や日常との接点を様々な場面で広く創出することを目的としている。
また、本施設には滞在型スタジオが13室あることから、同時期に滞在する複数のアーティスト同士が交流する場をつくり、情報交換に活用してもらうなどそれぞれの活動を刺激、活性化させ、アーティストなどの活動支援として積極的にコーディネートすることも目的としている。
事業内容
(1)セルフファンディング・プログラム(滞在スタジオ利用経費自己負担の滞在)
滞在時期、滞在内容を自由に設計できるメインのプログラム。滞在中に、地域及び施設利用者を対象にした交流を促進する企画の提案がある場合は、ディレクターと協議した上で、実施に対するコーディネーターの人的サポートを得られる場合がある。
*滞在スタジオ利用を希望するアーティストが、渡航滞在費を活動拠点国や奨学金に申請する場合の招聘状発行をする。
○利用期間:1日~最大3ヶ月まで(その他、施設利用のレギュレーションに従う)
○事前申し込み制:書類選考あり、スタジオ利用料/有料
○条件:さっぽろ天神山アートスタジオの他の利用者との交流に協力すること。国籍、居住地、年齢、性別、活動分野不問
(2)プレゼンテーション・プログラム:国際公募による招聘滞在
プログラム公募のテーマ設定あり。1ヶ月滞在するアーティストが、展示スペースで1週間の展示/発表をする。
○公募制:書類選考あり、スタジオ利用料/無料
○条件:滞在中にトーク、ワークショップなど交流プログラムの実施。(アートによる地域活性化事業に連動する。)企画内容をディレクターと協議の上、滞在制作、展覧会設営撤収までセルフマネージメント&ビルドで行う。国籍、居住地、年齢、性別、活動分野不問
事業実績/成果
●札幌国際芸術祭2014参加アーティストなどの滞在制作
栗林隆、鈴木悠也、平川祐樹、深澤孝史、藤木正則、オリバー・フランツ、真鍋大度、毛利悠子、山川冬樹など
●イベント、プロジェクト実施例
○とくいの銀行イベント(6月~9月)
滞在アーティストの深澤孝史によるプロジェクト
○TPPミュージアム(6月~12月)
滞在アーティストの植村絵美 & マイケル・エディによるプロジェクト
○フェスティバルFUKUSHIMA! 大風呂敷工場
札幌国際芸術祭2014のプロジェクト「フェスティバルFUKUSHIMA! 北3条広場で盆踊り」で使用する大風呂敷の製作
○ホーランドジャポニズム展(8月)
滞在アーティスト大地千尋プロデュースによる展示
○つながるラインとワの旅2014公開制作と展示(9月)
滞在アーティスト石垣克子による展示
○天神山文化祭(10月)
地域住民、まちづくりセンターと共同で開催したイベント
○人形遣いモカ 公開稽古・ワークショップ
滞在アーティスト人形遣いモカによる公開稽古とワークショップ
○ロザンナ・カテラル_狂詩曲ハ長調 野球(o) (11月)
滞在アーティストロザンナ・カテラルによる展示
●冬のバカンス〜さっぽろ天神山アートスタジオ アーティスト・イン・レジデンスプログラム〜
国際公募招聘アーティストと札幌のアーティストなどによるワークショップを週末毎に実施する形式の交流型アートプロジェクト。滞在制作の成果発表を施設環境を利用した「雪まつり」イベント形式で実施。
●セルフ・ファンディングでの滞在実績
2014年5月以降、200名に達する。
おもな招へいアーティスト
ウェン・ナム・ヤップ, ヘリ・ガルシア, 黒田大祐
事業に関する
問い合わせ先
一般社団法人AISプランニング
〒062-0932 札幌市豊平区平岸2条17丁目1番80号(天神山緑地内)さっぽろ天神山アートスタジオ
TEL:011-820-2140
FAX:011-820-2142
メールアドレス:info@tenjinyamastudio.jp
ウェブサイト: http://tenjinyamastudio.jp/
ブログ:http://tenjinyamastudio.jp/blog_archives/
担当者名:小田井真美(オダイマミ)
最終更新日
2016年10月26日