Q1:アーティスト・イン・レジデンスって、そもそもなんですか?

アーティスト・イン・レジデンス(Artist in Residence、以下「AIR」)とは、国内外からアーティストを一定期間招へいして、滞在中の活動を支援する事業です。日本においては1990年代前半からAIRへの関心が高まり、地方自治体やアートNPOがその担い手となって取り組むケースが増えてきています。

AIR_J>RESOURCE>ARTICLE>わが国のアーティスト・イン・レジデンス事業の概況

Q2:アーティスト・イン・レジデンスは、いつ始まったのですか?

一般的には、1666年、フランス王立アカデミーが栄誉ある「ローマ賞」を受賞した自国のアーティストたちを自己研鑽のためにローマに派遣したことに遡ると言われています。

参考:「アーティスト・イン・レジデンスの可能性」菅野幸子(国際交流基金 情報センター)
旧AIR-Japanウェブサイト[PDF]

Q3:レジデンス団体がつくった記録集やカタログはどこで見られますか?

AIR_Jのウェブサイト上から、各団体のつくった記録やカタログが見られます。じっくり読みたい方は、国際交流基金JFICライブラリーへお越し下さい。

AIR_J>RESOURCE>BOOK(AIRに関する書籍やカタログを紹介)

JFICライブラリー

Q4:AIRにはどのような分野がありますか?

音楽、演劇、美術をはじめとして、建築、文学、デザインなど、さまざまなクリエーターのためのレジデンスがあります。また、海外ではアーティストだけではなく研究者向けのプログラムも存在します。「AIR_J」では、演劇、音楽、絵画、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッションなどに分類しています。

Q5:参加に必要な条件や資格がありますか?

AIR プログラムに参加するには、各プログラムへ申請書の提出、あるいはプレゼンテーションなどが必要とされます。申請については、公募制、推薦制などによっても方法が異なります。資格については、大学、あるいは大学院卒業以上のキャリアが求められる場合が多いようです。そのほか、ジュニア(ユース)支援、若手、キャリアアップ、サバティカル(充電休暇)など、アーティストのニーズに沿ったプログラムがあり、それぞれ年齢制限がある場合が多いので確認が必要です。
また、日本では、地方公共団体が運営しているAIRも多いので、その場合は、地域に開かれたオープン・スタジオやワークショップを開くことを条件として求められることもあります。

AIR_J>SEARCH(日本のAIRプログラムを招へい条件等で検索できます)

Q6:滞在可能な期間はどのぐらいでしょうか?

1カ月程度の短期滞在から、1〜3年など複数年にわたるものなど、各プログラムによって異なります。

Q7:申請の方法やスケジュールについて教えて下さい。

規定の申請書のほか、ポートフォリオなどの実績を示すもの、推薦書の添付を求められる場合など、各プログラムによって大きく異なります。国内外を問わず主催者のウェブサイトなどで募集の告知が行なわれますので、内容にしたがって申請書を作成し応募します。
スケジュールについては、年度毎に募集をする場合と、年間にわたり申請を受け付ける場合とがあります。日本国内(おもに公立のアートセンターなど)のプログラムでは年度毎にプログラムの発表と公募を行ない、申請期間が短い場合が多いため(例:新年度4月以後のプログラムを1〜3月に発表・公募)、申請の際に注意が必要です。
「AIR_J」で関心を持たれた事業については、随時、その事業者のサイトを確認すること、また、「AIR_J」のツイッターでも公募情報を流していますので、フォローすることをお薦めします。

AIR_J ツイッター(@AIR_J_jp)

Q8:自己資金(交通費、滞在費など)を必要としますか?

すべての資金を自己負担する場合と、主催者からの各種支援を受けられる場合があります(次項参照)。自己資金のみでの滞在制作を検討する際には、各国内で設けられている芸術家個人の活動に対する(公私)各種助成制度を利用することも可能です。当サイトの「LINK」でもいくつかの助成団体を紹介しています。

AIR_J>LINK

Q9:滞在制作にあたり、どのようなサポートを受けられますか?

主催者による支援は下記のような内容があげられますが、各プログラムによって大きく異なります。自身の希望条件と確認する必要があります。
・資金的支援(渡航、制作、滞在等のための助成や報酬等)
・ハード面での支援(制作スタジオ、展示スペース、宿泊施設等)
・ソフト面でのおもに人的サポート(テクニカルスタッフ、アシスタント、ボランティア等)

AIR_J>SEARCH(日本のAIRプログラムを招へい条件等で検索できます)

Q10:参加することでどのようなメリットや成果がありますか?

同時期に滞在するアーティストや研究者、また、プログラムを主催するインスティテューションなどとのネットワークが生まれ、以後の活動(展覧会出展やプロジェクト参加)に対する大きな可能性が生まれるきっかけとなります。また、こうしたキャリアアップのみならず、アーティストにとって、自身を振り返る時間、新たな表現へと挑戦する場を得ることでもあり、有形無形の成果を得ることができます。

Q11:海外のAIR に参加するために、語学力はどの程度必要でしょうか?

いずれのプログラムにおいても、英語あるいは滞在先の国の言語で日常会話ができることが最低条件になります。また、滞在条件によって、ワークショップ、レクチャーなどを求められる場合が多いので、それらに対応する語学力は必要になります。

Q12:滞在制作をした場合、作品の帰属はどのようになりますか?

各プログラムの条件によって大きく異なります。野外作品など、パーマネント(あるいはそれに準ずる)制作を行なう場合、著作権はアーティストに、所有・使用権は主催者にそれぞれ帰属するケースが多いようです。あるいは、インスタレーションの場合は暫定的な展示により、会期終了後は現状復帰とし、制作した作品の権利はすべてアーティストに帰属することもあります。また、表現メディアによって、上映権などの条件を取り交わす必要もあります。現代芸術の分野では権利の帰属の設置が難しい場合が多く、アーティストと主催者間での十分な協議が必要となります。

Q13:このサイト以外にAIRについての情報を得る方法はありますか?

国内外の各AIRプログラムが各自のウェブサイトで情報を提供しており、それぞれの特性や活動の詳細、募集要件を調べることができます。また、世界各国のAIR 情報のアーカイブを提供する「Trans Artists」、国際的なAIRプログラムのネットワーク組織「res artis」、日本国内では「J-AIRネットワーク会議」、そのほか、各国の大使館、文化機関からもさまざまな情報が発信されています。

以上、監修:日沼禎子