AIR_J日本全国のアーティスト・イン・
レジデンス総合サイト

Twitter JPEN

AIR_J日本全国のアーティスト・イン・レジデンス総合サイト

program

PROGRAM各地の募集プログラムを見つけることができます。

令和2年度(2020-21年)福岡アジア美術館 受入支援事業

特徴

制作スタジオ有り

宿泊施設無し

成果発表・オープンスタジオ有り

渡航費助成無し

各種助成・人的サポート有り

対象分野美術 / 映像 / その他

エリア九州・沖縄

事業名

福岡アジア美術館

募集期間 2020年2月18日(火) ~ 2021年1月31日(日)
内容 受入支援事業とは、他の機関からの助成や自費で福岡に滞在し、作品制作や調査・研究活動を希望するアジアの美術作家やアジア美術の研究者・学芸員等を受け入れて、作品制作や調査・研究活動を支援する事業です。
滞在期間 滞在期間:2020年4月~2021年3月
上記のうちで、30~90日間
応募資格 募集人数:美術作家、研究者・学芸員 若干名
対象国・地域:バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、中国、インド、インドネシア、韓国、ラオス、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ミャンマー、ネパール、
パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、台湾、タイ、ベトナム
※美術作家については、上記の国・地域の国籍を有し、かつ同国・地域で活動している者。研究者・学芸員については、アジアの近代・現代美術について研究している者。国籍は問わない。
費用/支援内容 -渡航費助成:なし
-制作費助成:なし
-滞在費助成:なし
-サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*地元作家や芸術系大学の協力、美術館スタッフ、ボランティア
-成果発表・オープンスタジオ:あり
*展覧会、トークなど
選考方法 提出された資料をもとに、福岡アジア美術館で協議・決定し、応募用紙を受け取ってから1ヵ月以内に受入可否を応募者に連絡する。
プログラムに関する問い合わせ 福岡アジア美術館
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 7・8階
TEL:092-263-1103/FAX:092-263-1105
メールアドレス:faam(at)faam.ajibi.jp
ウェブサイト:https://faam.city.fukuoka.lg.jp/