黄金町アーティスト・イン・レジデンスプログラム

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:あり(条件付き)
  • 制作費助成:あり(条件付き)
  • 滞在費助成:あり(条件付き)
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:あり
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:あり(条件付き)

おもな対象分野:指定なし

招へい期間:要詳細確認

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:要詳細確認

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

指定なし

招へい期間/募集期間
〈ゲストの場合〉
招へい期間:6月〜10月の期間中約3ヶ月
募集期間:未定
※年度によって変動有り。
〈有料の場合〉
招へい期間:4月〜翌年3月
募集期間:12月〜翌年1月
招へい人数
〈ゲストの場合〉
未定
※年度によって変動有り。
〈有料の場合〉
約10組程度
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
支援内容
〈ゲストの場合〉
●渡航費助成:あり(約10万円)
●制作費助成:あり(上限100万円)
●滞在費助成:あり(上限30万円)
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*言語、広報、展示施工、など
●成果発表:あり
●活動記録集の作成・配布:あり
〈有料の場合〉
●渡航費助成:なし
●制作費助成:なし
●滞在費助成:なし
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*広報協力あり
●成果発表:あり
●活動記録集の作成・配布:なし
応募方法
〈ゲストの場合〉
公募
〈有料の場合〉
公募
選考方法
選考委員会による審査

施設情報

事業名
黄金町アーティスト・イン・レジデンスプログラム
運営組織名
認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
運営母体/担当部署
認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
協力機関/協力者
横浜市、初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
施設名
認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
施設所在地
〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
*数・規模[平方メートル]:9.95㎡〜55.62㎡
*物件により面積、設備などの条件が異なります。
●展示スペース:あり
*数・規模[平方メートル]:66.15㎡〜99.18㎡
*物件により面積、設備などの条件が異なります。
●宿泊施設:あり
*数・規模[平方メートル]:23.9㎡〜32.9㎡
*物件により面積、設備などの条件が異なります。
周辺環境
当プログラムは、横浜の中心から近い場所に位置し、まちと一体化した環境で滞在や制作、発表ができることが特徴です。また元違法飲食店をコンバージョンした施設や、京急線高架下の文化芸術スタジオなど、拠点がまちに点在し、同時に多数のアーティストが活動できることも他にはない大きな魅力となっています。アーティスト同士や地域のみなさんとの交流は、黄金町ならではの制作環境をつくっています。
交通アクセス
○横浜駅から京急線で「日ノ出町駅」より徒歩5分
○「黄金町駅」より徒歩8分
○JR/地下鉄「桜木町駅」より徒歩15分
○JR「関内駅」より徒歩15分
○地下鉄「伊勢佐木長者町駅」より徒歩10分
事業開始の経緯
初黄・日ノ出町地区は、かつて特殊飲食店が約260件(平成16年)に達し、古くからの店舗や地域住民の転出が生じるなど、生活環境の悪化が地域の深刻な問題となっていました。
そのような状況のもと、平成15年11月、地域住民によって設立された「初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会」は、行政・警察・大学等と連携しながら、安全・安心のまちづくりを推進してきました。その後、平成17年1月、神奈川県警察本部はバイバイ作戦を実施し、違法な小規模店舗の営業を閉鎖。現在も24時間体制の警備が続いています。
そして平成20年、京浜急行電鉄と横浜市の協力により高架下に文化芸術スタジオが建設され、アートを生かした新しいまちづくりを目指し、地域住民、行政、警察、企業、大学、美術関係者が集まった実行委員会によって「黄金町バザール2008」が開催されました。この第1回目の黄金町バザールの後、継続的かつ総合的にまちづくりを推進するため平成21年4月に「NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター」が設立されました。
事業開始年
2009年
事業目的
当団体のレジデンスプログラムは、毎年開催するアートフェスティバル「黄金町バザール」に招へいするゲスト制度と、有料制度の2つのプログラムを設けています。
「街」という日常の空間を実験の場として解放し、国内外のアーティストやキュレーター、建築家など多様な分野をレジデンスアーティストとして受け入れ、地域コミュニティに新たな可能性が生み出されることを目指しています。また、当団体が設立当初よりアジアを中心にネットワークを形成してきた国際交流事業の更なる発展を視野に入れています。
事業内容
(1)アートフェスティバル「黄金町バザール」、アートイベントの開催
(2)アーティスト・イン・レジデンス
(3)国際交流
(4)黄金町芸術学校
(5)まちづくり
事業実績/成果
●2011年度
○24組招へい、「黄金町バザール2011」
○4組招へい、「リビングルーム ~プライベートとパブリックが出会う場所」
●2012年度
○1組招へい、「横浜ジョグジャカルタ芸術文化交流プログラム」
○19組招へい、「黄金町バザール2012」
●2013年度
○16組招へい、「黄金町バザール2013」
●2014年度
○30組招へい、「黄金町バザール2014」
●2015年度
○1組招へい、「横浜市、成都市アーティスト・イン・レジデンス交流事業」
○11組招へい、「黄金町バザール2015」
●2016年度
○54組招へい、「黄金町バザール2016」
おもな招へいアーティスト
さかもとゆり, アピラック・ジアンピッドナン, アーノント・ノンヤオ, イ・インソン, ウォルター・スコット, ウダム・チャン・グエン, カン・ヤチュウ, キム・ウジン, グエン・ホン・ゴック, ザン・ジン, シンディー・望月, ジョセフ・ガブリエル, スーパー・オープン・スタジオ・ネットワーク, ズース・バスコン, ツァオ・ミンハオ+チェン・ジェンジュ, トゥンク・コン・トン, ナターシャ・ガブリエラ・トンティ, ピヤラット・ピヤポンウィワット, ファン・レ・チュン, プラパット・ジワランサン, ポール・モンドック, メリノ, ヤヤ・スン, ユ・ソンジュン, ライフパッチ, ライヤー・ベン, 中村将志, 侯嘉文+王显杰, 侯淑姿, 原田賢幸, 吉濱翔, 地主麻衣子, 小鷹拓郎, 岩竹理恵, 木村了子, 津川奈菜, 浦川大志, 渡辺篤, 葉振宇, 西京人, 西野正将, 進藤冬華, 青木真莉子
事業に関する
問い合わせ先
認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158
TEL:045-231-5467/FAX:045-325-7222
メールアドレス:info@koganecho.net
ウェブサイト: http://www.koganecho.net/air/
上記以外のソーシャルメディア:
facebook:https://www.facebook.com/koganechobazaar
twitter:https://twitter.com/koganechobazaar
担当:佐脇(サワキ)、水谷(ミズヤ)
最終更新日
2016年11月7日