遊工房アートスペース

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:あり(条件付き)
  • 制作費助成:あり(条件付き)
  • 滞在費助成:あり(条件付き)
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:あり
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:あり(条件付き)

おもな対象分野:指定なし
*個性ある空間とロケーション、その場と機会を活かした創造性豊かな活動を対象とする

招へい期間:2017/01 - 2017/12:1カ月単位で、原則最長6カ月(2、8月を除く)。要詳細確認

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:6月末と12月末の年2回締切(翌年度実施分)

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

指定なし
*個性ある空間とロケーション、その場と機会を活かした創造性豊かな活動を対象とする

招へい期間/募集期間
●招へい期間:年間を通じて、アーティストごとに滞在期間を設定。滞在は1カ月単位で、原則、最長6カ月(2、8月を除く)
●募集期間:6月末と12月末の年2回締切(翌年度実施分)
招へい人数
20人程度
*各々の施設利用および滞在制作期間の組合せによる
おもな受入条件
●年齢制限:なし
*利用者の自立した生活を基本としている
●受入対象国指定:なし
支援内容
●渡航費助成:あり
●制作費助成:あり
●滞在費助成:あり
*上記費用の助成は、文化庁等の助成金事業として合致する場合
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
●成果発表・オープンスタジオ:あり
●活動記録集の作成・配布:あり(条件付き)
●その他:滞在作家の要望に対応したフレキシブルな支援が可能。必要に応じ、アーティストの支援機関との調整にも協力
応募方法
公募
*アーティストの直接応募ならび、他機関からの依頼、推薦なども受け入れている
*原則として、応募は6月末(8月結果通知)および12月末(2月結果通知)の2回。臨時に募集する場合はホームページなどで告知
選考方法
選考委員会による選考

施設情報

事業名
遊工房アートスペース
運営組織名
遊工房アートスペース
運営母体/担当部署
-
協力機関/協力者
-
施設名
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設所在地
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
アートスペースの施設は、隣り合った2つの建屋(Building1:旧診療所兼結核療養所2階建て、Building2:スタジオ付2階建て住宅)にある、特徴ある3つの滞在施設と3つの創作スタジオから構成されている。滞在施設は、共通して空調、Wi-Fi環境、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、掃除機、寝具、食器などが完備している。
●滞在施設を伴った創作スタジオ:AIR‒1 (Residence 1 + Studio 1)
Building 2の1階にあるResidence 1とStudio 1から構成されるスペースで、創作スタジオと生活スペースが直接繋がっている。
・Residence 1:35㎡。畳8畳の和室をもった和風の滞在施設。2名での滞在が可能。
・Studio 1:33㎡。天井高5m。創作・展示空間として利用。
●滞在施設を伴った創作スタジオ:AIR-2 (Residence 2 + Studio 2)
Building1の2階にあるResidence 2とStudio 2とから構成されているスペースで、創作スタジオと生活スペースが直接繋がっている。
・Residence 2:9㎡ 天井高3m。1ベッド設置の滞在施設。
・Studio 2:36㎡ 天井高 3m。創作・展示空間として利用。
●滞在施設を伴った創作スタジオ:AIR-3 (Residence 3 + Studio 3)
Building 2の2階にあるResidence 2とBuilding 1の1階にあるStudio 3から構成されているスペースで、創作スタジオと生活スペースは隣同士の建物にある。
・Residence 3:35㎡ 2階。Building 2の2階にある、洋室の滞在施設。
・Studio 3:24㎡ 天井高さ3.3m。創作・展示空間として利用。
●研究者向け滞在施設:Residence 3
スタジオを伴わない研究者、キュレータなどの調査・研究滞在向け施設。
・Residence 3:上記参照。
周辺環境
東京都杉並区の西北に位置し、近隣には都立善福寺公園、井草八幡宮、善福寺など、緑豊かな環境が残り、都心までのアクセスも良好である。
交通アクセス
○「吉祥寺駅」より車で5分
*成田空港より吉祥寺駅行リムジンバスあり
○関東バス/西武バス「善福寺」より徒歩1分(西荻窪駅、荻窪駅、武蔵関駅、上石神井駅より乗車)
○JR中央線「西荻窪駅」または西武新宿線「上石神井駅」より徒歩約20分
事業開始の経緯
東京都杉並区を拠点とし、非営利の芸術文化活動を展開している「遊工房」の施設は、1970年代まで診療所兼結核療養所であった。発足当初は、美術教室や創作工房「スタジオ遊工房」として活動、1989年、海外からの建築家と芸術家を松前財団の招へいで受け入れたことを発端に、都市滞在型のアーティスト・イン・レジデンスの試みが始まった。2001年には、創作スタジオ、展示ギャラリー、長期滞在用レジデンスおよび交流スペースとオフィスからなる複合施設に改装し、若く熱意ある国内外のアーティストに創作と発表、アートを通した交流の機会を提供する場「遊工房アートスペース」としてリニューアル・オープンした。アートスペースの本格展開に際し、AIRの世界ネットワーク機関「Res Artis(Worldwide Network of Artist Residencies、本部オランダ)」に加盟、海外のアーティストやAIR機関との幅広い交流活動を積極的に推進している。なお、東日本大震災の影響で、ギャラリー、ラウンジ、オフィスを改装した。
事業開始年
1984年(AIR滞在受入れ開始は1989年)
事業目的
遊工房アートスペースの活動事業は、固有の施設ならびに地域のさまざまな資源を活用しながら、アーティストの活動を支援することをおもな目的とし、国際理解と地域発展に寄与することも目指している。アーティスト・イン・レジデンス・プログラムは、海外のアーティストが東京で創作活動などを行なう際の拠点となること、ギャラリー・プログラムは、おもに日本在住のアーティストの実験的な展示の機会と場となることを、それぞれ目指している。創作や展示さらにワークショップなどの活動は、国内外のアーティスト間の交流や、アートを通した地域の人々との交流など多文化理解の場でもあるとともに、現代美術を身近に親しむ機会を広く一般に提供することを意図している。
事業内容
Artist in Residence事業、展示イベント、関連活動の3つの事業を柱に、Youkobo Plus及びマイクロレジデンス・ネットワーク活動を展開している。
I. Artist in Residence, AIR事業
国内外のアーティストを対象とした、滞在を通した新たな創作活動の機会と場を提供するプログラム。長期滞在に適しており、滞在期間中の作家自身の意思による活動計画を尊重し、支援する。スタジオでの創作活動に対する協力だけではなく、ワークショップ、展覧会、アーティスト・トークなどの機会を、地元のアーティストや関係機関とのネットワークを活用して開催している。
II. 展示イベント
国内外の現代アーティストの実験的な展示やイベントの展開、発表と交流の機会を提供する事業。
III. 関連活動
・AIR交流プログラム
・AIRネットワークプログラム
・調査研究
・Y-AIRの実践
・コミュニティーアート
・Global Internship Program
*マイクロレジデンス・ネットワーク「マイクロレジデンス・ネットワーク」として、アーティスト自身の活動のためのAIR、その存在の顕在化、仲間づくり、調査・研究のネットワークを主宰している。
遊工房アートスペースは、AIRがアーティストの活動の一要素としての位置づけとなり、社会において大切な役割を持つ存在となることを目指している。海外からの滞在制作活動を希望するアーティストへの機会と場の提供を行うAIR活動を基本に、関連する活動として、国内アーティストの海外での活動の機会と場の創設も大切なミッションと考えている。このため、海外での活動機会の創出として、類似の海外AIRとの交換プログラムの推進など、アーティストの個性と多様性の理解をベースに、国内外との交流、さらに地域社会の人々との対話を通した相互理解の醸成を図っている。また、国際的なAIRネットワーク機関「Res Artis」(本部オランダ)の一員としての長い活動成果から、2012年には「マイクロレジデンス・ネットワーク」を世界に発信、国内では「AIRネットワーク・ジャパン」に参画、積極的にAIRのネットワーク活動を実践している。こうした活動を通し、国内外のAIRプログラム活動の調査・研究すると共に、情報の公開に努めている。2013年以降はさらに国内外の美術大学とAIRとの協働を意図した、「マイクロ(AIR)とマクロ(大学)の協働」活動を展開、若手作家のAIR体験機会創出、AIR運営体験するインターンシップを通した人材育成など「YAIRの実践」を積極的に推進している。
コミュニティや他の組織とのネットワークを保つことを大切に、地域とアートに係るコミュニティ・アート活動、遊工房滞在アーティスト、来訪する美術関係者や地域の人々が交流できる場である「ラウンジ」も設けている。
詳細:http://www.youkobo.co.jp/related_activities/
事業実績/成果
これまでに約50カ国から250名超のアーティストを受け入れた。(2015年12月現在)
文化庁「文化芸術の海外発信拠点形成事業」(〜2015年)、「アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業」(2016年〜)として採択
おもな招へいアーティスト
アナット・リトウィン, アラ・キム, アルムト・リンク, アンティ・イロネン, イステッキ・ジハンギリ, イズマエル・デ・アンダ, エリック・シレ, カタリナ・テュカ, カトリン・パウル, カリン・ヴァン・ダム, カーリー・スコフォフ, ギョルン・アルン, クリスチアン・アッシュマン, クリストファー・シュレーゲル, クリス・アイフォード, クレア・ヒックマン, サム・ストッカー, サラ・オッペンハイマー, サンテリ・トゥオリ, サーラ・エクストラム, シー・ユン・ヨー, ジュリ―・アップメイヤー, スリヤー・プーミヴォン, タミコ・オブライエン, ダニエル・ゴッティン, デイヴィッド・フランクリン, トム・ヴィンク, ニール・マローン, フェリット・オズシェン, ボリス・シルカ, マリタ・リウリア, マルト・ケッセルリング, マーク・ダンヒル, ミクルティッチ・トノヤン, ミシェル・コン, メルブ・エルトファン, ヤック・ピーターズ, ヤーッコ・マッティラ, リディア・デービス, ンゲ・レイ, ヴァレリオ・ベルッティ
事業に関する
問い合わせ先
遊工房アートスペース
〒167-0041 東京都杉並区善福寺3-2-10
TEL/FAX:03-3399-7549
メールアドレス:info(at)youkobo.co.jp
ウェブサイト:http://www.youkobo.co.jp
facebook:https://www.facebook.com/youkoboartspace/
担当:辻真木子(ツジ・マキコ)
最終更新日
2016年10月31日