AIR_J日本全国のアーティスト・イン・
レジデンス総合サイト

Twitter JPEN

AIR_J日本全国のアーティスト・イン・レジデンス総合サイト

program

PROGRAM各地の募集プログラムを見つけることができます。

京都:Re-Search 2020 in 南丹

特徴

制作スタジオ無し

宿泊施設有り

成果発表・オープンスタジオ有り

渡航費助成有り

各種助成・人的サポート有り

対象分野美術 / 舞台芸術 / 工芸 / 映像 / その他

エリア関西

事業名

京都:Re-Search

募集期間 2020年6月8日(月) ~ 2020年7月10日(金)
内容 京都:Re-Search 2020 in 南丹

京都府内では交流人口の拡大、地域の活性化へ繋げるさまざまな取組を行っています。 その一つとして、アーティストが一定期間滞在し、地域で制作を行うアーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」を実施し、地域が本来持ち得ている魅力やそのポテンシャルをアートの視点から引き出すことを試みています。

令和2年度は、南丹市において、短期アーティスト・ イン・レジデンス事業「京都:Re-Search 2020 in 南丹」 を実施します。令和2年9月7日から9月20日の14日間にわたり、京都府内のみならず、ほかの地域で活動するアーティストや工芸家、デザイナー、建築家など、クリエイティブな分野で活動されている人が南丹市に滞在しながら、各自が設定したテーマに沿って、ゲストアーティストと共に、南丹の風土や歴史等の調査を行います。南丹での発見を活かしたアートプロジェクトや作品プランの構想を立て、次年度にアートプロジェクトや作品プランの実現を目指します。またそれらを記録しデータ化していき、地域の新たなアート・ドキュメントを作っていきます。講師には、国際的に活躍しているアーティストやキュレーターたちを迎え、リサーチの手法を学ぶワークショップやフィールドワーク、参加者が行うリサーチへのアドバイスを予定しています。

01:実施期間
令和2年9月7日(月)~9月20日(日)

02:講師
・荒木 悠[映像作家]
・長谷川 新[インディペンデントキュレーター]
・彦坂 敏昭[画家]

03:滞在(宿泊)場所
京都府南丹市内の滞在施設
※ただし、個室なし、男女別の共同部屋となります。

04:募集人数
5名程度

05:応募方法
参加申込書をウェブサイト(http://www.pref.kyoto.jp/bungei/)からダウンロードし必要事項を記載の上、メールにて申込書送付先(bungei@pref.kyoto.lg.jp)まで提出して下さい。
滞在期間 令和2年9月7日(月)~9月20日(日)
詳細なプログラムスケジュールについては公式ウェブサイトにてご確認ください
応募資格 ・本事業開始日に20歳以上40歳以下の方 
・期間中のすべてのプログラムに参加できる方
費用/支援内容 ・調査経費及びアーカイヴ作成費として 1名当たり5万円を助成
・居住地から南丹市内までの交通費として1名当たり上限3万円を助成
・滞在施設の提供 ※9月7日-9月20日
そのほか滞在に関わる費用は自己負担
選考方法 参加申込書をウェブサイト(http://www.pref.kyoto.jp/bungei/)からダウンロードし必要事項を記載の上、メールにて申込書送付先(bungei@pref.kyoto.lg.jp)まで提出して下さい。

提出いただいた書類を元に選考を行います。
(1) 選考ポイント
・本人の意欲
・独創的なリサーチ計画
(2) 結果通知 令和2年7月20日(月)
プログラムに関する問い合わせ 京都:Re-Search実行委員会事務局
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
京都府文化スポーツ部文化芸術課内
TEL 075 – 414 – 4279( 平日8:30~17:15)
MAIL bungei@pref.kyoto.lg.jp
事業展開 次年度、本プログラムで提案されたアートプロジェクトや作品プランをもとにした展覧会を伴うアーティスト・イン・レジデンス事業「大京都 2021 in 南丹」の開催を南丹市内で予定しています。