AIR_J日本全国のアーティスト・イン・
レジデンス総合サイト

Twitter JPEN

AIR_J日本全国のアーティスト・イン・レジデンス総合サイト

program

PROGRAM各地の募集プログラムを見つけることができます。

京都芸術センター アーティスト・イン・レジデンスプログラム ビジュアルアート部門

特徴

制作スタジオ有り

宿泊施設有り

成果発表・オープンスタジオ有り

渡航費助成有り

各種助成・人的サポート有り

対象分野美術 / 工芸 / 映像

エリア関西

事業名

京都芸術センター

募集期間 2020年3月20日(金) ~ 2020年6月30日(火)
内容 京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムでは、異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進のアーティストや芸術分野の研究者の滞在創作活動を支援します。参加者は京都芸術センターを拠点に、制作・調査・研究などに取り組みます。
本プログラムでは、パフォーミング・アーツとビジュアル・アーツの分野から参加者を隔年で募集します。
2021 年度はビジュアル・アーツ分野が対象です。それぞれのジャンルの中で、あるいはジャンルを超えて、新しい表現を試み、市民に刺激を与える意欲的な芸術家を歓迎します。
滞在期間 2021年4月1日(木)から2022年3月31日(木)の間の3ヶ月以内
応募資格 ○ビジュアル・アーツの分野で活躍する新進のアーティストまたは研究者で、京都に滞在し、制作・調査研究などを行う理由が明確な方
*文学、クロスジャンルは毎年応募できます。
○参加期間中、市民との交流事業を企画し実施できる方
○英語または日本語で意志の疎通ができる方
費用/支援内容 ○滞在期間中の宿泊場所を提供(原則3カ月以内)
○京都芸術センターの制作室を提供
○居住地から関西国際空港もしくは大阪国際空港までの往復航空券
○制作費として、1件(個人・グループを問わず)につき、10万円(内税)の補助
○広報協力
○アートコーディネーターによるサポート
選考方法 【応募方法】
○応募フォームをダウンロードし(https://www.kac.or.jp/28189/)必要事項を日本語または英語で記入し、E-mailに添付して応募してください。
○E-mailの宛先は residence@kac.or.jp とし、件名は必ず「AIR2021応募」としてください。
○作品資料として、過去作品もしくは制作の様子がわかる画像または映像等のURL(ダウンロードリンクは
不可。必ずオンライン上で参照できるものであること)を、最大3件まで応募フォームの所定の欄に記入し
てください。
○作品資料の画像・映像ファイルを直接E-mailに添付しないでください。
○研究者の方は、必ず論文またはそれに準じるもののURLを記入してください。
○応募フォームは電子機器によるタイピング、もしくは明瞭な文字で記入してください。記入事項に不備がある書
類は審査の対象となりません。

【選考方法】
専門家で構成する選考委員会で決定し、応募者にメールで通知します(2020年10月下旬予定)。なお、選考についての問合せは受け付けておりません。
プログラムに関する問い合わせ 京都芸術センター アーティスト・イン・レジデンス プログラム係
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL 075-213-1000/FAX 075-213-1004
Web:http://kac.or.jp E-mail:residence@kac.or.jp
受付時間:10:00-20:00
注意事項 ○食費、アーティストフィー、その他生活にかかる諸費用は支給しません。
○制作および調査研究などに必要なものは各自で用意してください。
○滞在制作終了後、レポートを提出していただきます。
○制作アシスタントや家族などの同伴者とともに渡航する場合は、必ず事前にご相談ください。なお、支援内容はアーティストにのみ適用されます。
○滞在期間中の事故・病気など、不測の事態が起こった場合、参加者の責任によるものとします。旅行保険への加入をお勧めします。