AIR_J日本全国のアーティスト・イン・
レジデンス総合サイト

Twitter JPEN

AIR_J日本全国のアーティスト・イン・レジデンス総合サイト

program

PROGRAM各地の募集プログラムを見つけることができます。

アーティスト・イン・レジデンス プログラム2020/2021 イン・パリ

特徴

制作スタジオ有り

宿泊施設有り

成果発表・オープンスタジオ無し

渡航費助成有り

各種助成・人的サポート有り

対象分野美術 / 舞台芸術 / 工芸 / 映像

エリア海外

事業名

京都芸術センター

募集期間 2020年2月28日(金) ~ 2020年3月29日(日)
内容 アンスティチュ・フランス、シテ・アンテルナショナル・デ・ザールと協働し、おおさか創造千島財団、京都芸術センター、ヴィラ九条山の3者が主催する、フランス・パリでの滞在制作を希望する関西地方に拠点のあるアーティスト、研究者、キュレーターを募集するプログラムです。

フランス・パリ中心部に約320戸の住居兼スタジオを構える、世界有数のレジデンス施設であるシテ・アンテルナショナル・デ・ザールで滞在制作に取り組むことのできる機会です。2020/2021年度の募集で選出される2名は、主催機関による金銭的、人的なサポートを受けることができます。
滞在期間 1)2020年10月9日(水)~2021年1月4日(月) [88日間]
2)2021年1月9日(土)~2021年4月4日(日)[86日間]
応募資格 関西圏内に在住もしくは主な活動拠点を持つもので、創造活動を行う個人(アーティスト、キュレーター又は美術評論家)。
活動のジャンルは問いません。
※関西圏とは大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県とします。
※年齢の制限はありませんが、学生は対象外とします。

また、以下の条件を満たすもの。
・シテ・アンテルナショナル・デ・ザールを拠点として活動ができること
・英語またはフランス語でのコミュニケーションがとれること
・滞在終了後、報告会(大阪もしくは京都)に参加できること
費用/支援内容 ・シテ・アンテルナショナル・デ・ザール内ヴィラ九条山スタジオの提供
・往復エコノミー航空券(関西国際空港-シャルル・ド・ゴール空港間)
・滞在補助費(10万円/月として計30万円)
・制作費(20万円/期間)
・準備期間中と滞在中のスタッフによるサポート
選考方法 一次選考:書類審査
二次選考:面接審査 [2020年4月14日(火)@京都芸術センター]

外部審査員に橋本梓氏(国立国際美術館 主任研究員)を迎え、主催団体で構成する審査委員会にて審査します。
プログラムに関する問い合わせ ヴィラ九条山 AIR program in Paris 担当
TEL: 075-761-7940
WEB: http://www.villakujoyama.jp/ja/
E-mail: vk.candidature@institutfrancais.jp
応募方法 ヴィラ九条山のホームページ( http://www.villakujoyama.jp/ja/ )から応募書類をダウンロードの上、必要事項を日英併記し、vk.candidature@institutfrancais.jp 宛てに全ての書類をメールでご送付下さい。

【応募資料】
①申請書(A4で3ページ以内)
②ポートフォーリオ
③申請活動に関する資料等(A4で4ページ以内)
※合計で容量を5MB以内とすること。映像・音楽資料は投稿サイト等にアップロードし、リンクを記載してください。オンラインストレージでのデータ送付は受け付けておりません。
※メール件名は「AIR program in Paris - application」としてください。郵送や書面での提出は受け付けておりません。