愛知県立芸術大学アーティスト・イン・レジデンス

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:あり
  • 制作費助成:あり
  • 滞在費助成:あり
  • 人的サポート:なし
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:なし
  • 宿泊施設:あり
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:あり

おもな対象分野:指定なし

招へい期間:2018/09 - 2018/11(のうち50〜80日間)

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:2018/04 - 2018/05

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

指定なし

招へい期間/募集期間
●招へい期間
2018年9月1日(土)~ 11月20日(火)の期間中で50~80日間
●募集期間:2018年4月 ~ 5月10日(木)到着分まで
招へい人数
1名または1グループ
*グループの場合は、1グループを1アーティストとみなし、旅費、制作費は1名分を支給
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
●その他
○現在活動しているアーティストであり、今後も活動する予定のアーティスト
○日常生活や交流事業に必要な日本語または英語を話せる
○当事業の招へい条件を了解し、学生や地域住民との交流を積極的に行なう
○レジデンスプログラム中の生活拠点は愛知県立芸術大学内に置き、期間中の生活と制作に関することはすべてアーティスト自身の責任で行なう
○心身ともに健康である
支援内容
●渡航費助成:あり
○応募者の居住地最寄り駅から本学最寄り駅(リニモ 芸大通)までの往復交通費を支給
○海外在住の場合は、居住地最寄りの国際空港から中部国際空港までの往復航空券を本学が手配し、中部国際空港から本学最寄り駅までの往復交通費を支給
●制作費助成:あり(50万円)
●滞在費助成:あり(宿泊先を提供)
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):なし
●成果発表:あり
●活動記録集の作成・配布:あり(2年ごとに大学が総合的に発行する記録集に掲載)
●その他:詳細は愛知県立芸術大学ウェブサイトを参照
応募方法
●以下の応募書類を「事業に関する問い合わせ先」まで郵送
1)指定様式あり 愛知県立芸術大学ウェブサイトよりダウンロード
2)作品資料:ポートフォリオ(A4サイズ、形式・作品点数等は自由)。または映像や音の作品についてはDVD、CD等による提出も可
選考方法
愛知県立芸術大学芸術創造センターにおいて選考し、審査結果は2018年5月末までに応募者全員にメールで通知

施設情報

事業名
愛知県立芸術大学アーティスト・イン・レジデンス
運営組織名
愛知県立芸術大学芸術創造センター
運営母体/担当部署
愛知県公立大学法人愛知県立芸術大学(学務部芸術情報・広報課)
協力機関/協力者
特になし
施設名
愛知県立芸術大学芸術創造センター
施設所在地
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
*本学敷地内の旧音楽学部棟楽器庫1室(7.9m×6.3m×2.4m)
*プログラム期間内に限り、授業や大学行事に支障のない範囲内で学内の工房等施設を利用可
●展示スペース:なし
●宿泊施設:あり
*本学敷地内の教職員住宅1室(シングルルーム、バス・トイレ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、クッキングヒーター、有線LANあり)
周辺環境
-
交通アクセス
東部丘陵線(リニモ)「芸大通」駅下車 徒歩約15分
もしくは市営地下鉄東山線「本郷」駅、または「藤が丘」駅からタクシーで約15分
事業開始の経緯
○芸術教育の充実、発展のため
○芸術活動の連携のため
○国内外のアーティスト、大学、研究機関等との交流を深めるため
○学術的、領域横断的な活動のため
以上の観点に基づき、国内外で活動するアーティストを愛知県立芸術大学に迎える
事業開始年
2007年(公募は2017年度より)
事業目的
愛知県立芸術大学では、教育や芸術活動のコラボレーション(連携)を目的に、国内外のアーティストを「アーティスト・イン・レジデンス」として本学に迎えている。実践の場で活躍しているアーティスト(グループを含む)を招へいし、本学の教員や学生と交流を深めることにより、教育の場、研究の場としての愛知県立芸術大学に新風を吹き込み、キャンパスの活性化を図る。
事業内容
●滞在制作、アーティスト・トーク、レクチャー、ワークショップ、成果発表会
○アーティストは滞在期間中に作品制作のほか、以下の交流プログラムを実施すること
*学内向けの紹介レクチャー:10月上旬頃
*オープンスタジオ形式での作品展示(成果発表展):滞在期間中
*そのほかワークショップや自主企画の実施は、授業や大学行事に支障のない範囲内で開催可能
*実施時期についてはアーティストと調整の上、決定
事業実績/成果
2007年度:5件(5名招へい)
2008年度:4件(5名招へい)
2009年度:4件(5名招へい)
2010年度:4件(4名招へい)
2011年度:3件(3名招へい)
2012年度:4件(4名招へい)
2013年度:4件(6名招へい)
2014年度:4件(6名招へい)
2015年度:4件(7名招へい)
2016年度:3件(5名招へい)
2017年度:4件(5名招へい)*公募アーティスト1件1名を含む
おもな招へいアーティスト
アクセル・ルオフ, アラン・ジョンストン, アーサー・ワトソン, イェルク=ヴォルフガング・ヤーン, ウ・スノック, ウーヴェ・コミシュケ, エリア・タリアヴィーア, エリカ・ヴァン・ホーン, クラウス・カンギーサー, クリスタ・ソムラー, クリンカナ・ゴンペット, クレメンス メッツラー, グラハム・エラード, コンラート・リヒター, サイモン・カッツ, ジャック・ボディ, ジョン・ステュワート・マレー, ジルケ・トュレケル, ジルビア・クーグラー, スティーブン・ジョンストン, タッチャイ・ホンペーン, ダニエーラ・ウッチェッロ, トム・ヒルト, ニナ・ティッチマン, ハンス・クリスティアン・シュヴァイカー, フェデリコ・アゴスティーニ, ヘンク・コッシュ, マイケル・シェリー, マティアス・ブッフホルツ, マリア・デ・フランチェスカ=カヴァッツァ, マルク・バティエ, ヤナウィット・クンチャエトーン, ロッセッラ・メネガッツオ, ロベルト・コヴィエッロ, ロラン・ミニョノー, ヴァルター・コンラッド・フォルヒェルト, ヴィタリー・マルグリス, 中村功, 吉田恵, 大坪晶, 奈良美智, 戸谷成雄, 梅山秀一, 永曽郁夫, 浅井真理子, 菅木真治, 蔡宗徳, 藤井隆也, 長谷高史
事業に関する
問い合わせ先
愛知県立芸術大学 芸術情報・広報課 
住所:〒480-1194 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114
TEL:0561-76-2851/FAX:0561-62-0083
メールアドレス:geijo(at)mail.aichi-fam-u.ac.jp
ウェブサイト: https://www.aichi-fam-u.ac.jp/news/topics_001939.html
担当:藤原(フジハラ)
最終更新日
2018年3月19日