浜松市鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト イン レジデンス

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:なし
  • 制作費助成:あり
  • 滞在費助成:なし
  • 人的サポート:なし
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:なし
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:なし

おもな対象分野:演劇、音楽、絵画、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッション、メディア、アートプロジェクト、アートワークショップ

招へい期間:2017/06 - 2018/02:詳細は下記を参照のこと

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:2017/01 - 2017/03

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

演劇、音楽、絵画、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッション、メディア、アートプロジェクト、アートワークショップ

招へい期間/募集期間
前期6月~9月、後期11月~2月
12月~3月末日
*詳細はウェブサイトで告知
招へい人数
年間8組(前期4組、後期4組)
個人でもグループでも可
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
○その他:以下の条件を満たす方
・制作期間中に、展示、ワークショップなどの何らかの方法で成果発表することができる
・地域との交流に取り組むことができる
・浜松市鴨江アートセンターの事業に協力することができる
・日常的な会話のやりとりが日本語または英語でできる
支援内容
●渡航費助成:なし
●制作費助成:あり
*一組あたり2万円(税込)
●滞在費助成:なし
*交通費、滞在費、食費補助はなし
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):なし
●成果発表:あり
*制作期間中に、展示、ワークショップなど何らかの形で成果を発表。また、審査により選考されたアーティスト(年間1組)は、別途企画展費として税込7万円を補助され、翌年度内に浜松市鴨江アートセンターを会場として10日間程度の企画展を開催することができる。
●活動記録集の作成・配布:なし
●広報活動:成果発表のチラシ制作費補助、ウェブサイト、各種SNSでの発信
応募方法
公募
選考方法
専門家で構成する選考委員会による審査で選定。
選考についての問い合わせは受け付けていません。
選考委員:今村有策氏、桧森隆一(浜松市鴨江アートセンター)

施設情報

事業名
浜松市鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト イン レジデンス
運営組織名
指定管理者:一般社団法人浜松創造都市協議会/東海ビル管理グループ
運営母体/担当部署
浜松市(創造都市・文化振興課)
協力機関/協力者
特になし
施設名
鴨江アートセンター
施設所在地
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
*202号室(20㎡)、203号室(20㎡)、204号室(20㎡)、205号室(19㎡)
*入退室可能時間 9:00~21:30
●展示スペース:あり
●宿泊施設:なし
●その他:敷地内普通車1台まで駐車可。防音設備なし。屋外作業場なし。
周辺環境
浜松市は人口約81万人、全国で16番目の政令都市。鴨江アートセンターは中心街より徒歩圏内の文教地区にあり、昭和3年に建てられた 歴史的建物の空間には創造性を刺激する力がある。
交通アクセス
○東京駅から東海道新幹線で約2時間
○JR浜松駅から徒歩15分
○浜松駅北口遠鉄バスターミナル3番のりば発「9鴨江・医療センター行き」または「9-22鴨江・教育センター・大平台行き」乗車、「鴨江アートセンター」バス停下車、徒歩1分
事業開始の経緯
浜松市鴨江アートセンターは文化芸術の創造、発信、交流の場として市民に広く開かれた創造的活動拠点を創出する目的で2013年11月に浜松市の文化施設としてオープン。その一環の事業としてアーティストの制作提供場事業を開始。
事業開始年
2013年
事業目的
鴨江アートセンターでは、異なる環境に滞在することで、新たな芸術表現を生み出そうとするアーティストやクリエイターの個人またはグループを支援する事業として、「制作場所提供事業」を実施。
事業内容
浜松市鴨江アートセンター内の4室を制作場所として1室1組、年間8組に無償貸与する。前期6月~9月に4組、後期11月~2月に4組。
事業実績/成果
2014年度(8組)
・熊谷隼人 レジデンスアーティストによる展示「tree and water」
・近江木の実 レジデンスアーティストによる公開ワークショップ「ひょうげんのための『こえ』と『からだ』」
・吉田朝麻 レジデンスアーティストによるワークショップと展示「Music For Toilets 展示/ワークショップ」
・中村周平 レジデンスアーティストによる交流ワークショップ「周平の『ゆめいろのえのぐ』」
・青島右京 レジデンスアーティストによる制作場所公開「開かない扉と開く扉」
・NANI部 レジデンスアーティストによる交流ワークショップ「わわゎのワークショップ いのちのまわり」
・村木大峰 レジデンスアーティストによる交流ワークショップ「しあわせになるための詩をつくろう」
・宮沢のり子 レジデンスアーティストによる交流ワークショップ「子どものお箸をつくってみよう」/レジデンスアーティストによる交流ワークショップ「お箸を作ってごはんを食べよう」
2015年度(8組)
・akira muracco 「村上晶原画展」
・池谷保 「池谷保オープンアトリエ」
・水野壮志 「Soushi Mizuno Open atelier & Lounge Music」
・Katarzyna Mochocka(カタジーナ・モホツカ)「Katarzyna Mochocka オープンアトリエ」 
・村木大峰 「詩の展示 No needs, No life」
・小出和明 「小出和明オープンアトリエ&ワークショップ」
・原田愛子 「写真のプリントワークショップ ものをのこす」
・吉田朝麻 「~ことばあつめ、うたづくりプロジェクト~ コトバコトリコロン展」
2016年度(7組)
・natsukiiin 「natsukiiin個展 OPEN ATELIER #202」
・吉田朝麻 「マッスルNTTのかもかもラジオ OPEN STUDIO」(前期)、「マッスルNTTなどズ3rdアルバム『ななな』制作」(後期)
・夏目とも子 「夏目とも子個展 鴨江の壁204号室/ワークショップ『隠れた色をみつける』/トーク『作品ができるまで』」
・小林久人 「小林久人 dummy book展/トークイベント」
・すずし「すずぱん商店」
・シバミノル「個展 ここにいる/ワークショップ『くろにかく』」
・宮司富美恵「展覧会 部屋の響き/朗読劇の上演」
おもな招へいアーティスト
NANI部, すずし, アキラムラッコ, カタジーナ・モホツカ, シバミノル, ナツキン, 中村周平, 原田愛子, 吉田朝麻, 夏目とも子, 宮司富美恵, 宮沢のり子, 小出和明, 小林久人, 村木大峰, 水野壮志, 池谷保, 熊谷隼人, 近江木の実, 青島右京
事業に関する
問い合わせ先
組織名:浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:一般社団法人浜松創造都市協議会/東海ビル管理グループ)
住所:〒432-8024 静岡県浜松市中区鴨江町1番地
TEL:053-458-5360
メールアドレス:k.a.c (at) kamoeartcenter.org
ウェブサイト: http://kamoeartcenter.org
twitter: https://twitter.com/kamoeartcenter
facebook: https://www.facebook.com/kamoeartcenter.org/
Instagram:https://www.instagram.com/kamoeartcenter_hamamatsu/
最終更新日
2017年7月10日