現代美術センターCCA北九州(フェローシップ・プログラム事業)

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:あり
  • 制作費助成:なし
  • 滞在費助成:あり
  • 人的サポート:なし
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:なし
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:あり

おもな対象分野:美術、建築、デザイン
*とくに現代美術

招へい期間:2017/09 - 2018/03:要詳細確認

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:2017/04 - 2018/03:翌年度実施分

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

美術、建築、デザイン
*とくに現代美術

招へい期間/募集期間
●招へい期間:9月〜3月の7ヶ月間のうち2〜3ヶ月以上活動できること
●募集期間:随時
招へい人数
各分野それぞれ数名程度
おもな受入条件
●年齢制限:あり(20〜30才代)
●受入対象国指定:なし
●その他
○アーティスト:20〜30代、要英会話・読解力。
○キュレトリアル・スタディ:20~30代のキュラトリアル・ワークに携わる人。美術・美術史専攻、またはそれと同等の現代美術の知識を要する。要英会話・読解・筆記力。
○建築/デザイン:20〜30代の建築、デザインの分野にて、個人事務所、またはそれに相当する活動を行っている者。
支援内容
●渡航費助成:あり
●制作費助成:なし
●滞在費助成:あり
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):なし
●成果発表:あり
●活動記録集の作成・配布:あり
応募方法
公募
選考方法
*オープンアプリケーションにて受付
*一次選考:書類審査(入学願書及び規定の添付資料をもとに選考委員会によって行われます。)
*二次(最終)選考:個別インタビュー

施設情報

事業名
現代美術センターCCA北九州(フェローシップ・プログラム事業)
運営組織名
CCA北九州事業実行委員会
運営母体/担当部署
CCA北九州事業実行委員会(北九州市市民文化スポーツ局文化企画課)
協力機関/協力者
CCA北九州スカラシップ委員会
施設名
CCAギャラリー
施設所在地
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市
*連絡先は「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
(約20平方メートル、天井高:2.7メートル)
●展示スペース:あり
●宿泊施設:なし
*宿舎紹介(民間の賃貸マンションなど)
●その他:ライブラリー、ビデオ編集室、セミナールームなど
周辺環境
北九州学術研究都市は、国・公・私立大学や研究機関が同一のキャンパスに集積するという独自の試みとして、2001年(平成13年)4月にオープンした。先端的な科学技術、特に「環境技術」と「情報技術」を中心に活発な教育研究活動を展開している。
交通アクセス
JR鹿児島本線「折尾駅」下車
北九州市営バスに乗り換え 約15分
(折尾駅西口バス停→学研都市ひびきのバス停)
事業開始の経緯
1987年に八幡東区にて「国際鉄鋼彫刻シンポジウムYAHATA'87」が、地域住民の組織した実行委員会によって開催された。その後、1993年にも開催。1989年から、「現代美術サマーセミナー・イン・北九州」を開催。世界の第一線で活躍するアーティストや美術関係者を講師に招き、日本全国のアートを志す者を対象にした約一週間の夏期セミナーで、合計7回にわたり開催され、延べ36人の講師と297人の受講生が全国から参加、内外の美術関係者の注目を集めた。1996年10月に任意団体「現代美術センターCCA北九州」を設立。1997年5月、日本で初めての現代美術専門の公的学習・研究機関「現代美術センターCCA北九州」が、地元民間団体と北九州市の協力により開設された。2015年9月、若松区ひびきの学術研究都市に移転した。
事業開始年
1997年
事業目的
○現代美術に関する人材育成および調査研究を行ない、もって現代美術の普及と地域の文化芸術の振興に寄与する
○世界に通用する若手アーティストの育成、ならびにアーティストが北九州市に滞在して活動することによる地域文化の振興を目指す
事業内容
○フェローシップ・プログラム:20〜30歳代の国内外の若いアーティストやキュラトリアル・ワーク、建築、デザインに携わる人を対象としたコースです。プログラムのフェローとして、CCAで行われる展覧会や各種出版物の制作、ワークショップなどに参加しながら、各々の研究課題を発展させ、プロフェッショナルな活動を推進していくことが望まれる。
○情報発信事業:現代美術に関する図書・資料の収集・公開を行なう。
○地域還元事業:展覧会、公開セミナー、子どもワークショップなどの市民参加事業を行なっている。
事業実績/成果
日本全国および世界各国から集まり巣立っていった受講生達は、日本のみならず世界各地で幅広く活動している。これまでに約206人(国内109人、海外97人)の受講生を輩出した。
おもな招へいアーティスト
-
事業に関する
問い合わせ先
現代美術センターCCA北九州事務局
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市
TEL:093-695-3691/FAX:093-695-3692
メールアドレス:mail(at)cca-kitakyushu.org
ウェブサイト:http://www.cca-kitakyushu.org/
担当:糸井正明(イトイ・マサアキ)
最終更新日
2017年6月19日