ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:あり
  • 制作費助成:あり
  • 滞在費助成:あり
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:あり
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:あり

おもな対象分野:美術、工芸、写真/映像、パフォーマンス、版画

招へい期間:2018/04 - 2019/03:最長3カ月

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:2017/11 - 2017/12:要詳細確認

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

美術、工芸、写真/映像、パフォーマンス、版画

招へい期間/募集期間
●招へい期間:最長3カ月
●募集期間:11月〜12月頃(毎年)
招へい人数
毎年1名
*2006年度は2名
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
●その他
○美術に関わるアーティストであること
○健康状態が良好で、倉敷にて独力で日常生活ができること
○本プログラムの広報活動に協力できること(滞在期間中に各種メディアからの取材を受付、最低1回のアトリエ公開を行なう)
○滞在終了とともに作品を完成させ、公開発表ができること
支援内容
●渡航費助成:あり(15万円まで)
*居住地から倉敷までの往復1度の交通費
●制作費助成:あり(最高20万円)
*事前に美術館側と協議した金額を提供
●滞在費助成:あり
*生活日当=3,000円×滞在日数(払いは、月の初めに当月分を現金にて支給)
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*材料の調達、日常生活の支援などには、大原美術館スタッフがあたる。ただし、制作上の技術的な支援はなし
●成果発表・オープンスタジオ:あり
*大原美術館で公開展示会を実施
●活動記録集の作成・配布:あり
*招へい期間終了後に記録集を作成、美術館などに配布
応募方法
公募
*例年12月頃に大原美術館ウェブサイトに公開される要項に基づき、応募用紙を添付して大原美術館へ郵送
選考方法
大原美術館にて選考

施設情報

事業名
ARKO(Artist in Residence Kurashiki, Ohara)
運営組織名
財団法人 大原美術館
運営母体/担当部署
財団法人 大原美術館(学芸課)
協力機関/協力者
-
施設名
無為村荘(むいそんそう)内 児島虎次郎旧アトリエ
施設所在地
岡山県倉敷市酒津
*連絡先は「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
*電気・空調などの設備はなし。使用方法について事前に相談のこと
*大原美術館の礎となる作品を収集した児島虎次郎が居を構えた無為村荘(むいそんそう)内にあるアトリエ。通常は非公開。床面積約70平方メートル。壁高約3メートル。東西南は壁面、北面はガラス窓。1927年に建設、木造。空調、電気配線などの設備はなし
●展示スペース:あり
●宿泊施設:あり(マンスリーマンション)
*光熱費主催者負担のうえ、主催者側で用意した物件(ワンルームタイプのマンスリーマンション)を提供。最低限の日常生活を営む家具、備品をそなえ、アトリエおよび美術館に近接する。アトリエより自転車で15分程度(自転車貸与)
周辺環境
大原美術館より北西に約3km、倉敷市街に程近いながら、高梁川の蛇行する自然豊かな景勝の地、酒津にある大原家の別邸・無為村荘内に立地。高低差のある二千坪あまりの敷地に複数の建物が点在。滞在制作にはそのうちのひとつ、1927年に建設されたアトリエを用いる。
交通アクセス
JR「倉敷駅」より車で約10分、自転車で約20分
事業開始の経緯
1930年に開館した大原美術館は、現在に至るまで、新たな価値観を育もうとする同時代の作家たちを支える活動をつねに続けてきた。その形態は作品所蔵であったり、展覧会開催であったりしたが、21世紀の社会に見合った、さらに効果的な施策としてアーティスト・イン・レジデンスが検討された。
美術館の礎となる作品収集にあたった画家・児島虎次郎の住居・無為村荘と同アトリエの活用という課題もあり、2005年度、1名のアーティストを招へいしたのがはじまり。2006年度以降招へい作家の公募を開始。
事業開始年
2005年
事業目的
○若手作家の支援
○大原美術館の礎を築いた洋画家・児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の活用
○倉敷からの発信
事業内容
「若手作家の支援」「大原美術館の礎を築いた洋画家・児島虎次郎の旧アトリエ:無為村荘の活用」「倉敷からの発信」の3点を機軸として、滞在制作と、完成作の大原美術館での公開。
毎年1名のアーティストを招へいし、それぞれが一定期間、無為村荘のアトリエで滞在制作。招へい期間終了後、完成作を大原美術館にて展示。また、記録集を作成、美術館などに配布。
事業実績/成果
2005〜2016年度:14名招へい
おもな招へいアーティスト
三瀬夏之介, 上田暁子, 北城貴子, 名知聡子, 坂本夏子, 幸田千依, 彦坂敏昭, 押江千衣子, 津上みゆき, 浅見貴子, 町田久美, 花澤武夫, 谷保玲奈, 鈴木紗也香
事業に関する
問い合わせ先
財団法人 大原美術館
〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-15
TEL:086-422-0005/FAX:086-427-3677
メールアドレス:info(at)ohara.or.jp
ウェブサイト:http://www.ohara.or.jp
担当:柳沢秀行(ヤナギサワ・ヒデユキ)
最終更新日
2017年6月8日