生活体験レジデンス ゆうがく邸

  • 一般公募:あり
  • 渡航費助成:なし
  • 制作費助成:なし
  • 滞在費助成:なし
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:なし
  • 展示スペース:あり
  • 宿泊施設:あり
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:なし

おもな対象分野:指定なし

招へい期間:-

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:--

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集要項

おもな対象分野

指定なし

招へい期間/募集期間
*現在募集を行なっておりません
招へい人数
未定
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
支援内容
●渡航費助成:なし
●制作費助成:なし
●滞在費助成:宿泊費割引あり(一泊税込4,000円)
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*コーディネーターが英語で対応。地域での活動のアレンジ、生活全般のサポート
●成果発表・オープンスタジオ:あり
*アーティスト・トークまたはワークショップ
*希望に応じて「ゆうがく邸」内のスペースで展示を行なうことも可能
●活動記録集の作成・配布:なし
応募方法
公募
*メールにてアーティスト・ステイトメント、滞在の目的、滞在希望期間(第二希望まで)を送付
*原則として、ACC派遣作家の受け入れ、またはNPO主催のワークショップ講師に限る。生活体験としての滞在(最大1カ月)はどなたでも可能
選考方法
ACCによる紹介、NPO理事会での選考

施設情報

事業名
生活体験レジデンス ゆうがく邸
運営組織名
特定非営利活動法人ア・ピース・オブ・コスモス
運営母体/担当部署
-
協力機関/協力者
ACC(アジアン・カルチュラル・カウンシル)
施設名
生活体験レジデンス ゆうがく邸
施設所在地
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:なし
●展示スペース:あり
*ギャラリー(1階土間部分、58平方メートル)
●宿泊施設:あり
○2階洋室(23平方メートル:シャワー、トイレ、洗面台、冷蔵庫、ベッド×2、デスク付)
○2階和室(36平方メートル:ミニキッチン、シャワー、トイレ、冷蔵庫、電子レンジ付)
*共用キッチン、共用バスタブ、テレビ、無線LAN、自転車あり
●その他
○生活体験部分
*1階:広間、オープンキッチン、共用キッチン、ピザ窯、バーベキュースペース
*2階:6畳和室(2室)、12畳和室(2室)
周辺環境
世界遺産に登録されている熊野古道伊勢路と、三重県内でも有数の豊かな漁場を擁する熊野灘に囲まれた土地には、熊野の文化が根付いており、いまでも懐かしい町並みや漁師町の風情が残っている。海と山の古道を旅したり、車だと2時間ほどで熊野三山に行くことができる。
紀北町は、人口2万人ほどの小さな町であり、海と山のあいだに町が密集しているため、スーパーや銀行も徒歩圏内と、生活の利便性は高い。
交通アクセス
○JR紀勢線「紀伊長島駅」より徒歩1分
*紀伊長島駅までは、名古屋から2時間、大阪から3時間
○紀勢自動車道「紀勢大内山IC」より国道42号線で車で約20分
事業開始の経緯
1980年代に「紀伊長島彫刻シンポジウム」を開催していた経緯から、当時の滞在作家より、古民家をアーティスト・イン・レジデンスとして活用する提案を受け、2008年頃からAIRに関する勉強会を行なってきた。2009年度はNPOの単独事業としてAIRを実施していたが、2010年度から、ACCの助成を受けたアーティストを派遣してもらえることになった。
2007年:NPO法人登録。アジサイの植栽管理、町並み保存などを中心に活動
2009年:古民家取得、改装事業を行なう
2010年:生活体験レジデンス ゆうがく邸としてオープン
事業開始年
2010年
事業目的
当法人は熊野古道地域の豊かな自然、歴史、文化を継承し、その良さを広く伝えるための活動を行なっている。また、地域のまちづくりと生活体験による人材育成を行ない、地域の発展を目指す。木材商が材にこだわった築60年の古民家を「ゆうがく邸」として改装し、空家調査や移住サポートを通して町並み保全を行なうとともに、紀北町を訪れた方の滞在や地元の方との交流をお手伝いし、滞在しながら芸術活動を行なうアーティスト・イン・レジデンスや、青少年のための生活体験合宿を行なうことを通して、当地の文化の継承・発信をはかる。
事業内容
○生活体験プログラム(農林水産業体験など)の実施
○移住・二地域居住のサポートおよび情報発信
○青少年のための生活体験合宿の実施
○芸術家や専門家によるワークショップの実施
○ACC(アジアン・カルチュラル・カウンシル)派遣作家の受け入れによるアーティスト・イン・レジデンス
事業実績/成果
●事業実績
2009年度:3名招へい
2010年度:8名寄宿
●成果
2010年1月:映像制作事業(町内の「音」をテーマに映像制作、上映会、ワークショップ実施)
2010年3月:小中学生対象の漫画制作ワークショップ
2010年5月:アーティストによる地元住民対象の講演会
2010年8月:小学生対象の漫画制作ワークショップ
2010年9月:熊野古道に影響を受けた作品制作(個展)
2010年12月:井戸プロジェクト(井戸を囲む彫刻制作・ワークショップ・個展)
2011年3月:和紙画「生き物たちの系譜」松木さとよ
2011年6月:「漆芸ワークショップ」漆芸家・田口義明
2012年5月:油絵「吹上栄作個展」
2012年6月:「漆芸ワークショップ」漆芸家・田口義明
2013年6月:福島陽子&福元ひろこワークショップ「古道参詣と藝術活動」
おもな招へいアーティスト
アマンダ・ベランタラ, キアンガ・フォード, スティーブン・ウォード, ヒメナ・エルゲダ, 一色登希彦, 元町夏央, 奥まゆみ, 松木サトヨ, 田口義明, 福島陽子
事業に関する
問い合わせ先
NPO法人ア・ピース・オブ・コスモス ゆうがく邸
〒519-3204 三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島128
TEL:0597-47-2116/FAX:0597-47-2116
メールアドレス:ray(at)eos.ocn.ne.jp
ウェブサイト:http://apoc-mie.org/yugakutei
担当:中村レイ(ナカムラ・レイ)
最終更新日
2016年10月6日