トヨタ コレオグラフィーアワード受賞者のための金沢21世紀美術館レジデンシープログラム

  • 一般公募:なし
  • 渡航費助成:なし
  • 制作費助成:あり
  • 滞在費助成:あり
  • 人的サポート:あり
  • 制作スタジオ:あり
  • 展示スペース:なし
  • 宿泊施設:あり(条件付き)
  • 成果発表・オープンスタジオ:あり
  • 記録集:なし

おもな対象分野:ダンス、パフォーマンス

招へい期間:2017/08 - 2017/09

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3

募集期間:-

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
2015年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2014 レジデンシープログラム」川村美紀子新作「まぼろしの夜明け」プレビュー公演&トーク 撮影:池田ひらく2013年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2012 レジデンシープログラム」
関かおりPUNCTUMUN「ケレヴェルム kanazawa ver.」2011年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2010 レジデンシープログラム」古家優里(ダンサー・振付家)『キャッチ マイ ビーム』ワークショップ風景2011年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2010 レジデンシープログラム」古家優里(ダンサー・振付家)『キャッチ マイ ビーム』制作風景2010年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008 受賞者公演」金魚(鈴木ユキオ)『言葉の縁(へり)』制作風景2010年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008 受賞者公演」金魚(鈴木ユキオ)『言葉の縁(へり)』制作風景2010年度実施「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2008 受賞者公演」金魚(鈴木ユキオ)『言葉の縁(へり)』制作風景

募集要項

おもな対象分野

ダンス、パフォーマンス

招へい期間/募集期間
2017年8月28日〜9月10日
招へい人数
約10名
おもな受入条件
●年齢制限:なし
●受入対象国指定:なし
*ともに事業による
支援内容
●渡航費助成:なし
●制作費助成:あり(200万円)
*トヨタ自動車(株)より受賞者へ制作費の一部として提供
●滞在費助成:あり
*金沢21世紀美術館より、公演会場、稽古場、宿泊施設などの提供
●サポートスタッフ(人的な制作サポート):あり
*舞台製作、音響、照明、美術など
●成果発表・オープンスタジオ:あり
●活動記録集の作成・配布:なし
応募方法
非公募
*美術館主催事業として実施
選考方法
トヨタ コレオグラフィーアワード審査委員による選考
*同アワード「次代を担う振付家賞」副賞

施設情報

事業名
トヨタ コレオグラフィーアワード受賞者のための金沢21世紀美術館レジデンシープログラム
運営組織名
金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団]、受賞者、TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 実行委員会、トヨタ自動車株式会社
運営母体/担当部署
(公財)金沢芸術創造財団/金沢21世紀美術館 交流課
協力機関/協力者
金沢湯涌創作の森(提携)、世田谷パブリックシアター(作品製作協力)、石川県トヨタ販売会社グループ(協力予定)
施設名
金沢21世紀美術館シアター21
施設所在地
「事業に関する問い合わせ先」を参照
施設設備概要
●制作スタジオ:あり
*シアター21
●展示スペース:なし
●宿泊施設:あり(条件つき)
*別途宿泊施設として、同財団で運営する「金沢湯涌創作の森」を利用する場合がある(宿泊5室[和室4、洋室1]、風呂・トイレ共同、定員24名)
●その他
○館内ホール「シアター21」:芸術交流活動の拠点として、演劇、コンサート、パフォーマンス、講演会やシンポジウムだけでなく、新しい映像表現や舞台芸術の展開が可能な多目的に利用できるホール。展示、創作スペースとしても利用できる
シアター21(可動席156席):252.0平方メートル
出演者控室1:17.9平方メートル
出演者控室2:15.6平方メートル
楽屋1:50.3平方メートル
楽屋2:49.6平方メートル
シアター準備室:85.8平方メートル
周辺環境
金沢市は日本海側気候で豊かな緑と水源に恵まれ、藩政時代から伝統工芸が盛んである。一方で県庁所在地として交通網や商工業も発展しており、人口約46万人の北陸有数の観光都市である。当館は金沢城および兼六園に近接し市街の中心地に位置する。また市は2009年にクラフト部門でユネスコ創造都市に認定。2015年3月14日に北陸新幹線開業。国内外から文化都市としての金沢への期待が高まっている。
交通アクセス
○小松空港よりバスにて約40〜55分
*東京(羽田)〜小松:飛行機で約1時間
○JR金沢駅バスターミナル 東口3番、6番乗り場よりバスにて約10分「広坂・21世紀美術館」にて下車すぐ。東口8~10番乗り場よりバスにて約10分「香林坊(アトリオ前)」下車、 徒歩約5分。
*東京〜金沢:北陸新幹線で約2時間半
*大阪〜金沢、名古屋〜金沢:電車で約2時間半〜3時間
事業開始の経緯
2008年度より、トヨタ コレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」副賞として、金沢での受賞者公演とレジデンシープログラム(稽古場・宿泊施設など)の提供を行っている。2008年度受賞者・鈴木ユキオ、2010年度受賞者・古家優里、2012年受賞者・関かおり、2014年度受賞者・川村美紀子に続き、2016年度受賞者・平原慎太郎を招へいする。
事業開始年
2008年
*金沢21世紀美術館としてのレジデンス事業の開始年
事業目的
2008年度より、金沢21世紀美術館がトヨタの本事業に賛同し、トヨタ コレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」副賞として、受賞者公演とレジデンシープログラム(稽古場・宿泊施設など)の提供を行なうものである。
金沢21世紀美術館でのレジデンスプログラム公演の実施は、金沢発の新作クリエイションおよびその成果発表を実施すると同時に、長期滞在により地域コミュニティとの交流、コンテンポラリーダンスの地域への定着をさらに深めることを目的とする。
*「トヨタ コレオグラフィーアワード」は、トヨタ自動車株式会社が企業メセナ活動の一環として、世田谷パブリックシアターと提携し2001年に設立
事業内容
およそ2週間程度のレジデンシープログラムとして公演場所、稽古場・宿泊場所などを金沢21世紀美術館が提供し、作品製作費の一部をトヨタ自動車株式会社が提供して実施される。受賞者は、制作段階から現地舞台スタッフと協同してクリエイションを行ない、金沢滞在ならではの創作の可能性を探るもの。
事業実績/成果
○2009年度
招へいアーティスト:鈴木ユキオほか8名
滞在期間:2009年6月15日〜28日
受賞者公演:『言葉の縁』(6月27日、28日)
演出・振付:鈴木ユキオ
出演:ダンスカンパニー金魚(鈴木ユキオ、安次嶺菜緒ほか)
○2011年度
招へいアーティスト:古家優里ほか9名
滞在期間:2011年6月20日〜27日
パフォーマンス&トーク:2011年6月26日(日)
公演:『キャッチ マイ ビーム』(10月29日、30日)
構成・演出・振付:古家優里
出演:プロジェクト大山
○2013年度
招へいアーティスト:関かおりほか7名
滞在期間:2014年2月10日〜23日
新作公演:『ケレヴェルム 金沢ver.』(2014年2月22日、23日)
演出・振付:関かおり
出演:梶本はるか、後藤ゆう、黒須育海、鈴木清貴、高橋和誠、薬師寺綾、矢吹唯、関かおり
○ 2015年度
招へいアーティスト:川村美紀子ほか5名
滞在期間:2015年8月24日〜9月6日
プレビュー公演&トーク:『まぼろしの夜明け』(2015年9月5日、6日)
振付:川村美紀子
出演:亀頭可奈恵、後藤海春、鈴木隆司、住玲衣奈、永野紗紀、川村美紀子
○ 2017年度
招へいアーティスト:平原慎太郎ほか8名
滞在期間:2017年8月28日〜9月10日
新作成果発表公演:タイトル未定(2017年9月9日、10日)
振付:平原慎太郎
出演:OrganWorks
おもな招へいアーティスト
古家優里(プロジェクト大山), 川村美紀子, 平原慎太郎(OrganWorks), 鈴木ユキオ(金魚), 関かおり
事業に関する
問い合わせ先
金沢21世紀美術館 交流課
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2811/FAX:076-220-2806
メールアドレス:info(at)kanazawa21.jp
ウェブサイト:http://www.kanazawa21.jp
担当:黒田裕子(クロダユウコ)
最終更新日
2017年5月26日