全ての記事を表示


Book

『アーカスプロジェクト2014いばらき/アーカスプロジェクト2015いばらき』


03_arcus
茨城県アーカスプロジェクトの2014年と2015年の活動記録。
2014年はゲストキュレーター西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)の選定により、オランダ、アルゼンチン、キプロスから3名の作家が招聘され、リサーチ、ワークショップ、作品制作と公開が行なわれた。2015年は飯田志保子(東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授)がゲストキュレーターを務め、インドネシア、英国、南アフリカ(現ベルギー在住)から3名のアーティストが選ばれた。リサーチ、ワークショップを経て、同様にオープンスタジオで成果が発表された。全文日英併記。

目次
[アーカスプロジェクト2014いばらき]
アーティスト・イン・レジデンスプログラム概要
滞在アーティストコメント
[滞在アーティスト略歴、作品紹介]
セイット・バタル・クルト
フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス
コンスタンティノス・タリオティス
ゲストキュレーター 西川美穂子
[アーカスプロジェクト2015いばらき]
アーティスト・イン・レジデンスプログラム概要
滞在アーティストコメント
[滞在アーティスト略歴、作品紹介]
ティモテウス・アンガワン・クスノ
ステファニー・ビックフォード=スミス
エドゥアルド・カシューシュ
ゲストキュレーター 飯田志保子

『アーカスプロジェクト2014いばらき/アーカスプロジェクト2015いばらき』
編集:朝重龍太、石井瑞穂、藤本裕美子
テキスト:西川美穂子、飯田志保子
翻訳:ブライアン・アムスタッツ/アーカススタジオ
デザイン:木村稔将
写真撮影:加藤甫、アーカススタジオ
発行:アーカスプロジェクト実行委員会、茨城県南芸術の門創造会議
発行日:2016年3月
サイズ:B5変型、32ページ

参考:
AIR_J>SEARCH>アーカスプロジェクト2016いばらき