『記憶の風景、なつかしい未来へ──アーティストと巡る、陸前高田、そして東北』


02_rikuzentakata+
岩手県陸前高田市の復興まちづくり会社「なつかしい未来創造株式会社」が提供しているアーティスト・イン・レジデンスプログラムの活動報告書(2013年度版)。3名の招へいアーティスト──ショーネッド・ヒューズ、ハイメ・ヘスース・パセナ2世、レオ・ファンダークレイ──による活動報告および、日沼禎子プログラムディレクターによる各アーティストの紹介文を収録。付録として、招へいアーティストが滞在中に制作・取材した映像作品とサウンドトラックを収めたDVD付き。全文日英併記。

目次
主催者挨拶
プログラムディレクターコメント
滞在アーティスト1:ショーネッド・ヒューズ
 [アーティストコメント]東北における“Home”とはなにか
 [滞在記録]宿り、寄るところ──記憶、風景、踊り
滞在アーティスト2:ハイメ・ヘスース・パセナ2世
 [アーティストコメント]互いに寄り添って
 [滞在記録]微笑みと、ささやき
滞在アーティスト3:レオ・ファンダークレイ
 [アーティストコメント]陸前高田の日常2014
 [滞在記録]日常の観察者
アーティスト滞在記録
寄稿文:村田達彦
寄稿文:稲村太郎
協力者コメント
アドバイザリー紹介、コーディネーターコメント

『記憶の風景、なつかしい未来へ──アーティストと巡る、陸前高田、そして東北』
発行責任者:日沼禎子
編集:日沼禎子、松山隼、野田さゆり
翻訳:水田晴菜、Som Kazemi、野田さゆり
写真撮影:Jaime Jesus C. Pacena II、Leo van der Kleij、松山隼
デザイン:平野拓也
発行日:2014年3月31日
発行:なつかしい未来創造株式会社 ©2014
サイズ:A4変形、36ページ、DVD付き