全ての記事を表示


Book

『美術手帖』1998年3月号(特集=アーティスト・イン・レジデンス──海外で学ぶ、海外でつくる)



世界各国のレジデンス・プログラムを紹介するとともに、黎明期ともいえる90年代後半の日本のAIR事業を考察し、将来の可能性を探る特集。前半では海外の現状報告として、アメリカのP.S.1コンテンポラリー・アート・センターやフランスのシテ・アンテルナシオナル・デ・ザール、ドイツのアカデミー・ソリテュード城をはじめとする約50件のAIR機関を紹介する。独自取材に加えて、AIRを体験した日本人作家へのインタビューによる記事で構成。後半では、文化支援・地域振興の観点から日本のAIRの実態を検証したうえで、海外での留学・研修にまつわる情報を国内の助成制度リストや作家の体験談で紹介。国内事例は、当時実施されていた8事業が一覧にまとめられている。

目次
国別アーティスト・イン・レジデンス・ガイド(アメリカ/カナダ/フランス/ドイツ/スペイン/イギリス/アイルランド/ノルウェー/スウェーデン/デンマーク/フィンランド/チェコ/ラトヴィア/ポーランド/ハンガリー/オーストリア/イタリア/スイス/オランダ/オーストラリア/インド)
海外留学・レジデンス体験記……高橋靖史+岩井成昭+大岩オスカール幸男+長谷川繁+渡辺好明+坂東慶一
日本のアーティスト・イン・レジデンスの実態……村田真
企業メセナと現代美術……熊倉純子
日本におけるアーティスト・イン・レジデンス・リスト
アーティスト、研究者のための海外留学・研修に関する奨学金、助成金リスト

『美術手帖』1998年3月号
発行人:大下敦
AD:鈴木一誌
発行:株式会社美術出版社
発行日:1998年3月1日
サイズ:A5判、284ページ