『アーカスプロジェクト2014いばらき/アーカスプロジェクト2015いばらき』


03_arcus
(続きを読む…)

『アーティスト・イン・レジデンス 2013 ダレン・ジョンストン/英国』


02_kochi
(続きを読む…)

『S-AIR 2014 -FRONTIER- and OTHER RESIDENCY PROGRAMMES』


01_sair
(続きを読む…)

『アートNPOデータバンク 2014-2015』
(特集:アートNPOによるアーティスト・イン・レジデンス事業の実態調査)


01_artsnpodatabank
(続きを読む…)

『記憶の風景、なつかしい未来へ──アーティストと巡る、陸前高田、そして東北』


02_rikuzentakata+
(続きを読む…)

『アーカスプロジェクト20周年記念事業──アートと地域を考えるシンポジウム報告書』


arcus20
(続きを読む…)

『MICRORESIDENCE! 2013/2014: Artist in Residence (AIR)を考える』


microresidence
(続きを読む…)

AIRと私 06:陸前高田──探訪と発見


コーネリア・コンラッヅ(アーティスト)

「要するに、景色とは外なる自分と内なる自分のつながりである」
(“In short, landscape is the link between our outer and inner selves.”)
ビル・ビオラ著『空っぽの部屋を叩く理由』(Reasons for Knocking at an Empty House)P253

「私の場所」に出会う方法

情熱の旅人として、そしてサイト・スペシフィック彫刻家として、これまでに世界中の国々に滞在し活動する機会がありました。多くの場合(そうすることが好きなのですが)、前もって計画を立てず旅に出ます。旅先に着いていつも最初にすること、それは「歩く」ことです。作品のための場所(サイト)やフォルムを求めて見知らぬ土地をあてもなく歩き、道端に転がるものを拾い集めるのです。それは、形や素材であったり、その土地の習慣や出来事であったりします。
私の作品は例外なく、それを創る場所と深く結びついています。場所を背景として見るのではなく、テクスチャとしてとらえているのです。「自分の作品がこのテクスチャの一部になること」を目指しています。

『ジャルダン・アン・ムーヴマン』

『ジャルダン・アン・ムーヴマン(動く庭園)』
4 x 4 x 1.2m。材質:石、セメント、鉄。曲がったコルクガシ周囲に設置。
ドメーヌ・デュ・レイヨール – ジャルダン・デ・メディテラネ、レイヨール・カナデル・シュル・メール(フランス)2014

それゆえ私は、その場所特有の「匂い」と「音」、そして「ストーリー」と「メモリー」を追い求めているのです。その一方では、歩くことでその場所と密な対話ができるとわかっています。その場所を取り巻く景色や建築、植物、歴史に思いを巡らせるのです。「歩いてゆけば『私の場所』、つまり『思考とインプレッションのすべてが凝縮され、それがイメージやアイデア、プロジェクトとなるスポット』にいずれ出会える」という現実に任せておいていいのです。
アーティスト・イン・レジデンスや委託作品の制作、展覧会などを通して経験してきたように、この「探訪」と「発見」のプロセスは、いずれの場合もエキサイティングでスペシャルなものだということは言うまでもありません。にもかかわらず、ここ最近のプロジェクトでは、時折、意に反して「マンネリ」のようなものを感じることがありました。

(続きを読む…)

AIRと私 05:スケールの活動──日本へのアーティスティック・フィールド・トリップの報告


アナ・プタック(キュレーター、アート・プロデューサー)

AIRプログラムのキュレーター

私の通常の仕事はレジデンシーを企画運営することである。ここ数年は、ワルシャワに数カ月間滞在することを決めたアーティストたちのサポートに携わっている。アーティストが滞在を決断する理由は、一般的に以下の三つの動機のうちのひとつだろう。第一に、アーティストのなかには特定の芸術活動に取り組むためにA-I-Rラボラトリーのプログラムへの参加招待を希望している人たちがいる。彼らは作品制作にあたり自分のコンセプトの実現を支援してくれる機関を探しており、そうした彼らの希望に沿うのがA-I-Rのプログラムなのだ。第二に、芸術研究を目的とするアーティストもいる。彼らの研究からは新たな成果が生まれるかもしれない。しかし、私たちのプログラムが基本的に前提としているのは、この「かもしれない」がまさに「かもしれない」という可能性であって、「そうでなければならない」という強制ではない。こうした研究では、ワルシャワで確認された社会現象、ワルシャワの歴史、ワルシャワを構成しているユニークな関係の集積、さらにはワルシャワの建築、経済、政治的な構成が分析され、マッピングされる。ワルシャワのアーカイブが貸し出され、テーマを絞った話し合いが住民や機関を相手に行なわれる。第三に、自分の時間を取り戻すためにA-I-Rラボラトリーにやってくる人々もいる。日常的な責任というプレッシャーから逃れ、創造的な実験を行ないたいという希望を抱いてやってくるのである。
私たちA-I-Rラボラトリーのキュレーターは、アーティストが抱く疑問や期待と、ワルシャワという都市そのもの、およびワルシャワ在住の専門家に関して私たちが持っている情報がもたらす可能性とのあいだを仲介する役割を担っている。ワルシャワ在住の専門家とは、研究者やワルシャワでの日々の生活や仕事を通して培われた知識を持つ人々のことである。つまるところアーティストは知識を探し伝えるプロセスを脚色し美化し、それらを芸術的解釈にゆだねる。ギャラリー以外での展覧会やイベントといったかたちで開催される頻度が高まりつつあるこの概念的な芸術活動の要素も、ワルシャワのA-I-Rラボラトリーがサポートする芸術的、学芸的ワークの重要な特徴となっている。

左=A-I-Rラボラトリーでのレジデンス風景。ウジャドゥスキー城現代美術センターのスタッフがセンターの前で種まきをしている。アーティストのキッチンガーデンをつくることがプロジェクトの一部分となっている。ジュリエット・デルベンサルとパヴェル・クラックによる作品《私たちは庭のようだ》(2012)
右=アーティストたちがモバイル彫刻の水陸両用車に乗船してヴィスワ川を下る試み(この試みは成功した)。2012年にA-I-Rラボラトリーに滞在したフランシス・ソーバーンの作品
ともに撮影=マグダレナ・スタロヴェイスカ

(続きを読む…)

アーティスト・イン・レジデンスの現在 16
経験という貢献──「なぜレジデンスするのか?」(レズ・アルティス総会2012東京大会レビュー[3])


津田道子(美術作家/博士[映像メディア学])

これまでに経験してきたアーティスト・イン・レジデンス(以下AIR)を振り返ることがある。
アーティストは部外者としての保証があってその土地を訪れる、エイリアンみたいなものである。
さまざまな土地を経験して、土地にまつわる気づきや驚きのセンサーが体の中に培われていると感じることがある。そのセンサーを働かせて、滞在する地域にあるものとそれらの関係や歴史に言及して展開する作品は、制作活動自体が成果のひとつといえる。直接それらに言及しなくても、その土地で制作を展開することは、必ずなんらかの関係を築く。
アーティストは地域にある豊かさを掘り起こし、光をあてる存在なのか。
それなら、アーティストがさまざまな土地を経験することを、貢献といえるのではないか。

このレヴューでは、今回のレズ・アルティス総会を振り返り抽出したタームからAIRによる経験の性質の違いを見つめ、「なぜレジデンスするのか?」という問いを自身の経験から検証してみる。

AIR自体に目的がある/ない

10月27日の今総会「セッション9:アーティストの理想のレジデンス」★1で、韓国出身のヨンヘ・チャンと米国出身のマーク・ヴォージュによるアート・ユニット「チャン・ヨンヘ重工業」が発した「なぜレジデンスするのか?」という率直な問いが、セッションをより緊張感のあるアーティスト・トークにした。それに加えて、会場からの「レジデンスはアーティストへのサポートになっているのか?」という質問は「アーティストとはなにか」「アートとはなにか」という根源的な議論を呼んだ。「AIRの意義はアーティストが新しい土地を知り、豊かな時間を過ごすことが根底にある」という彼らの発言に、それぞれの作家も思い当たる節があるようだった。
プロジェクトベースで活動するタイ人アーティストのウィット・ピムカンチャナポンは、アーティストとしての活動が軌道に乗ると、AIRをするチャンスは必然的に発生してくるものだと語った。そのうえで、「アーティストだけでなく家族へのサポートと健全な環境」が理想だと示したことに、どのアーティストも賛成していた。

(続きを読む…)